果実

「食への思い」備忘録▶ブルーベリーの栄養成分/効用/調理/保存

アントシアニンの効用で目の健康を保つと言われているブルーベリーは、北アメリカ原産の落葉低木果樹の果実です。

以前から、ジャム用の果実として親しまれていますが、栄養成分も多く、栽培しやすいことから、生果実としても食べられる事が多くなってきました。

ブルーベリーの主な栄養成分

生果実としての食用が広まったのは、紫色の色素成分アントシアニンが抗酸化作用で注目されているポリフェノール系の成分で目の働きを活性化するという効用に着眼されてからだそうです。

  • ビタミンE
  • カリウム
  • 食物繊維
  • 糖質

ブルーベリーの主な効用

視力を守り、眼精疲労にも効用を発揮すると言われているアントシアニンの他、豊富なビタミンEや食物繊維が、ガン予防に有効に効用されているそうです。

  • 目の健康維持
  • 老化の抑制
  • ガン予防
  • 便秘の予防改善

ブルーベリーの調理

ブルーベリーには、ビタミンEが多く含まれているので、ビタミンA・Cを多く含むフルーツと合わせると、抗酸化作用をアップさせることが、出来る様です。

ラズベリー、イチゴ、キウイフルーツなどと合わせたデザートは美味しいですね。

ブルーベリーにあるビタミンEは、脂質と摂ると吸収が良いので、乳脂肪を含むヨーグルトとの組合せも良い様です。

チーズケーキに添えられていると彩りも良くて、美味しいです。

これが、美味いんだよなあ。
Eggplant
Eggplant

ブルーベリーの保存

冷蔵野菜室での保存は、密閉容器やジップ付き袋に入れて、2~3日ぐらいの保存しか出来ないので、それ以上の保存の場合は、粒のまま、冷凍用保存袋に入れて冷凍保存がいいようです。

なるべく早く食べた方が、良さそうですね。

ブルーベリーへの思い

ブルーベリーは、表面に白い粉があるものが新鮮と言われ、果実の皮が、黒色に近くなるほどに熟度が増し、大粒で平たい形のものが、甘味と酸味のバランスが優れていて良い様です。

ソフトクリームと合わせて食べるブルーベリーが、大好きです。
夏になると食べたくなる楽しみな食べ方です。

Banana
Banana
本当に良く食べてるよね!

眼精疲労に効用が期待されるというので、酷使している目の為にも積極的に食べたい果実です。

ビタミンEが多いので、老化抑制や、動脈硬化の予防にも期待しますし、食物繊維摂取による便秘解消にも努めたいです。