果実

「食への思い」備忘録▶アボカドの栄養成分/効用/調理/保存

メキシコと中央アメリカ原産のアボカドは、「森のバター」と呼ばれるくらい、脂質が高くて、ねっとりしている感じの果実です。
別名:ワニナシとも言われています。

果実の成熟には、10ヶ月~15ヶ月位掛かります。
果実には、多くの栄養を含むようにするために、枝には、隔年で実をつけるようです。

このコクの有る味わいを生かして、ソース、ディップなどにも使われる事が多いですね。
サラダ、サンドイッチにも良く利用されていますね。

Eggplant
Eggplant
トーストブレッドのトッピングにもいいよ!

アボカドの主な栄養成分

アボカドには、主な栄養成分として、以下が有ります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンE
  • カリウム
  • 食物繊維
  • 糖質

アボカドの主な効用

脂質に含まれるオレイン酸、ビタミンEは、ガン予防や肌の老化防止などの効果が、期待できるそうです。

さらに、豊富な食物繊維は、高血圧の予防も期待できるようです。

  • ガン予防
  • 高血圧の予防と改善
  • 美肌効果
  • コレステロールの上昇抑制
Banana
Banana
身体に良さそうです。

アボカドの調理

調理前にヘタの周辺には、農薬が残りやすいので良く水洗いして、ヘタ周辺1cm位切って使うとより安心出来る。

アボカドの下処理には、こちらも参考に!

熟しても品種により、表皮が緑色のままの物が有りますが、表皮を軽く押して弾力を感じるぐらいが、食べ頃です。

ガン予防や老化の抑制に良いとされるビタミンEは、同じ抗酸化作用をもつビタミンCと合わせると更にその効果が、期待できます。

スライスしたり、クリームペースト状にしたアボカドに、たっぷりレモン果汁を含ませて、色々な調理に添えて見ると良いみたいです。

意外と醤油にも合うので、刺身のようにわさび醤油で食べたり、和風ドレッシングを掛けたサラダでも美味しいですね。

Potato
Potato
手軽に調理出来て、栄養豊富でいいですネ!

アボカドの保存

アボカドは、熟すまでは、常温保存で、熟したら、冷蔵庫野菜室への保存が良いです。
追熟には、21℃前後が、適温です。

冷蔵庫野菜室へ入れてから、3~4日間位が、保存期間の目安との事。

熟したアボカドは、切ってから、冷凍保存が良いようです。
切って、空気に触れると茶色に変色するので、レモンなどを掛けて変色を抑えることが、出来ます。

アボカド自体は、追熟を促すエチレンガスを良く出す野菜なので、他の野菜などと保存すると影響を受けて、他の野菜が傷むことも有るので注意が必要です。

逆に、ポリ袋などを活用して、キウイフルーツなどと一緒に保存すると、キウイフルーツが通常より早く熟す様ですので、早く食べ頃にする方法になるのでは、と思います。

保存のテクニックかな?!
Eggplant
Eggplant

アボカドへの思い

アボカドを選ぶときは、ヘタがしっかりついていて、ハリとツヤが有る物が良いです。

アボカドの脂質の70%以上を占めるのは、オレイン酸やリノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸だそうで、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きを期待されています。

動脈硬化や脳梗塞の予防にも、期待が持てるそうです。

豊富に含むビタミンも造血作用、認知症予防、美肌効果にも期待出来るみたいですね。

こんな効用効果があるアボガドへ本当に感謝ですね。

アボカドを積極的に料理に加えましょう!
Eggplant
Eggplant