実・茎野菜

「食への思い」備忘録▶パプリカの栄養成分/効用/調理/保存

パプリカの品種を作り、育てたのは、ハンガリーです。
ハンガリーでは、このパプリカが、料理によく使われているそうです。
トウガラシの辛みの持たない栽培品種ですが、肉厚の綺麗なベル形を形成しています。

ピーマンより肉厚で青臭さも少なく、レッド、イエロー、オレンジとカラフルな色合いを持っています。

パプリカの主な栄養成分

パプリカには、主な栄養成分として、以下があるようです。

  • ビタミンA(βーカロチン)
  • ビタミンC
  • カリウム

パプリカの主な効用

βーカロチン、ビタミンC・Eが多いパプリカは、強い抗酸化作用力をもっているので、健康や美容に様々な効用が期待されているようです。

  • ガン予防
  • 老化の抑制
  • 皮膚・粘膜の保護
  • 動脈硬化の予防

赤パプリカやオレンジのパプリカは、カロテノイド系の色素成分を多く含み、ガン予防や動脈硬化の予防に効果があるらしいです。

抗酸化効果のあるビタミンC・Eは、肌を美しく保ったり、目の粘膜を保護する効用も期待されているのですね。

しっかり栄養が含まれていて、凄いぞ!
Eggplant
Eggplant

パプリカの調理

パプリカを調理する場合、半分に切って、種とワタをとり、表裏を良く洗い、30秒ほど湯通しをし、水にさらすと農薬も除けるようです。

さらに安心して使う場合、焼いて皮を剥くと良いみたいです。

βーカロチンの吸収率を高めるには、ビタミンEを多く含んでいるオリーブオイルでソテーにしたりすると、パプリカのもつビタミンCの抗酸化作用が、上昇するようです。

又、ローストしたパプリカをオイルに漬けて、マリネにする食べ方も適している。

加熱により、甘みが増して美味しくなるのでいいですね。
割と厚い果肉により、加熱しても、ビタミンCなどの損失が少ない特徴のようです。

パプリカの保存

パプリカは、水気に弱いので、保存する際は、表面の水分を良く拭き取り、ポリ袋に入れ、密封してから、冷蔵庫野菜室に入れると良い。
10日~2週間程度の保存期間です。

冷凍保存する場合は、せん切りなどにしてから、ポリ袋に入れて保存した方がよい。
炒め物調理の時は、そのまま、使えるので時短になりますね。

パプリカへの思い

パプリカを選ぶときは、ヘタがピンとしていて果肉の色ムラがなく、ツヤ、ハリがあるものを選ぶ。

新鮮なパプリカのカラフルな色合いは、野菜の中でも存在感を感じさせてくれますね。

そのまま、キッチンにディスプレイとして、綺麗なので、並べておきたいと思うときがあります。
ちょっとしたキッチンのオシャレかな?!

Potato
Potato
パプリカは綺麗でいいなあ!

料理に使うと色の取り合わせが、映え、しかも、栄養の有る食品で、食べて健康維持に努めたいですね。